みゅうツアーズはスタッフ全員が女性の旅行代理店です。 女性ならではの視点で、安全で楽しい旅のコンシェルジュとしてサポート致します。

お客様専用 富山県高岡市三女子152−1 TEL0766-30-5233

みゅうツアーズのブログ

視察【山陽編④】

おはようございます!
今日も暑いです。でも、今日は夕方からお客様の会社でのバーベキューにおよばれしているので、このまま晴れていてくれればなあ・・と思っています。

さて、山陽視察の続き。
門司の写真を載っけようと思ったら、見つからず・・(◎_◎;)
消してしまったのでしょうか・・

で、とりあえず今日は「呉」にしよう!!と思います(≧▽≦)
さて「呉」といえば「戦艦大和」です。
呉は旧海軍&海自ゆかりの地。
だからお土産の一番人気は「海上自衛隊」で食べられている、独自の味付けという「海軍カレー」なんですよ!!
(レストランでも食べれます!)
話はずれましたが・・
「大和ミュージアム」では海底に沈む「戦艦大和」の最新資料などの他にも、ゼロ戦の実物や呉の歴史を見ることができます。

「大和ミュージアム」のお向かいには海上自衛隊の史料館である「てつのくじら館」があります!
自衛隊の施設なので「無料」というのもうれしいですね(^_-)-☆
本物の潜水艦の操舵室などを見ることができますよ!
ショップには自衛隊グッズなども売っていますので、こちらもお好きな方にはうれしいかも・・(^_-)-☆

そして、今回JRで行って初めて知りました!!(いつもはバスなの・・)
JR呉駅の発車メロディーが「宇宙戦艦ヤマト」です!!(≧▽≦)
バッチリ「宇宙戦艦ヤマト」世代の私にはちょっぴりうれしい驚きでした!
ぜひよかったら聞いてみてくださいネ🎵

  • LINE

視察【山陽編③】

レンタサイクリングに乗って、まずは関門海峡を渡ることにしました!
橋の下、海の中に遊歩道があるので渡れるんですよ!!
「関門トンネル」は約780m、歩いて15分ほどで対岸に行けます。
但しトンネル内は自転車を降りて、押して歩いてくださいネ(自転車の場合、20円の通行料が必要です。徒歩のみは無料)

下関はNHKのドラマの舞台にもなった「源平合戦」の最後の地ですから、ゆかりの場所がたくさんあります。
2枚目の写真は「平家の一杯水」と言って、平家が劣勢になった時、平家の武将がいっぱいめを飲むと真水だったのに、2杯目を飲むと塩水に変わってこと切れた・・という伝説の井戸です。

そしてこちらも有名な場所。「巌流島」!
宮本武蔵と佐々木小次郎の決闘で有名ですよね?
下関の船乗り場からなんと5~10分で行けるんですよ!!
(門司港からも船は出ています)
ま、島にあるのは写真のような銅像があるだけなんですが・・(≧▽≦)

下関は歴史好きにはたまらない場所かもしれませんね(^_-)-☆

  • LINE

視察【山陽編②】

「おとなび」の最終地は博多ですが、今回は途中の小倉でおりて、まずは女子に人気の高い「門司港」を視察。
門司は九州ですが、対岸は本州!
そう、関門海峡です!
橋を渡ると、すぐそこは本州です!!

とりあえず着いたのがお昼でしたので、まずは腹ごしらえ(≧▽≦)
門司港は「焼きカレー」が有名です!
『旅』の楽しみはいくつかありますが、ご当地の美味しいもを食べるのも外せませんよね(^_-)-☆
そんなわけで、今回は門司駅のすぐ横の「BEAR FRUITS」さんの焼きカレーをいただきました🎵

さていよいよ観光視察。まずは動きやすいように、そして今回は団体バスではなかなかいかない所も見て周るつもりでしたので、レンタサイクルを借りてみました!
電動アシスト付き自転車に初めて乗りましたが、快適でした!!
もし時間があったら、「レンタサイクルの旅」もおすすめですよ!

まずはレンタサイクルで関門海峡超え!!を目指します。
(続きは次回)

  • LINE

視察(山陽編①)

IMG_4082おはようございます!
台風の影響はありませんでしたか?

さて6月、添乗の合間をぬって、視察旅行にも出かけました!!
今回「おとなびパス」を使ってみました!
これを使うと年齢がバレてしまうのですが・・(≧▽≦)
皆さんは「おとなび」って言葉、聞かれたことはありますか?
JRさんのサービスとして男性65歳、女性60歳から加入できる「ジパング倶楽部」は知られているところですが、実は最近50歳から加入できる「おとなび」というのが、JR西日本でできているんです!
インターネットの登録が必要で、インターネット予約&決済なので、旅行会社では取り扱えないのですが・・(>_<) 今回は個人的に使ってみました。
JR西日本地区、3日間乗り放題なんですよ!(指定席orグリーン車は6回のみ)お得だと思いませんか?!
・・ということで、今回はいろいろな情報を求めて、とりあえずJR西日本の端、九州エリアまで。

  • LINE